地域活性学会 The Japan Association of Regional Development and Vitalization

内閣府・地方創生総合情報サイト
地域活性学会 facebook
HOME >> 支部活動
|支部活動


【北海道】

【役員】
支部代表: 木村 俊昭  (東京農業大学 教授)

【連絡先】
vida@etude.ocn.ne.jp
(一般社団法人北海道地域活性機構事務局内)

【イベント】
-----過去のイベント-----
▼地域活性学会 北海道支部第2回研究会 (2014.6.14)
1.日 時 2014年6月14日(土) 15:00〜17:00
2.会 場 一般社団法人北海道活性化機構事務所
(札幌市中央区南2条西2丁目10、富樫ビル6階)
※富樫ビルは1階〜5階がダイソーです。正面を入り、右手のエレベーターで6階へ。
3.次 第 報告事項
(1)最新の地域活性化の動向(話題提供)
   木村俊昭(本学会理事・北海道支部長 東京農業大学教授) 20分
(2)ワイン・クラスター研究の変遷と応用可能性
   長村知幸 氏(小樽商科大学 専門研究員) 40分  質疑 10分
(3)出席会員間 対話 40分
4.主 催 地域活性学会北海道支部
5.協 力 一般社団法人北海道活性化機構
お問い合わせ・お申込み
一般社団法人北海道活性化機構事務局
メールアドレス vida@etude.ocn.ne.jp

▼地域活性学会 第1回北海道支部会 (2014.4.12)
1.日 時 平成26年4月12日(土) 15:00〜17:00
2.会 場 一般社団法人北海道活性機構事務所
(札幌市中央区南2条西2丁目10富樫ビル6階、1階〜5階がダイソー入居のビル)
3.内 容 ・支部会運営について 支部長の選出、今後の支部運営ほか
・基調講演 木村俊昭氏 仮題『北海道における6次産業化の動向』

▼支部設立総会 (2014.1.21)
1.日 時 2014年1月21日(火) 18時30分〜20時30分
2.内 容 講 話 : 18時30分〜19時30分
テーマ : 「地域活性化の動向〜スポーツ・健康」
講 師 : 小林 英夫(NPOダンスうんどう塾 代表)
/木村 俊昭(東京農業大学 教授)
意見交換・対話 : 19時30分〜20時30分

▲ページトップへ

【東北】
【イベント】

○東日本カンファレンス2015 ※本イベントは終了しました

2015年東北支部活動として、2回目となる東日本カンファレンスが岩手県八幡平市において行われました。

開催日:2015年9月8日(火)〜10日(木)
場所 :八幡平ハイツ(岩手県八幡平市松尾寄木)

地域活性学会に加え、産学連携学会東北・北関東支部、岩手大学地域連携推進機構の3者共同主催として開催されました。9月上旬とはいえ、山間地にあり木々のごく一部が色づき始めるなど秋の予感を感じさせる景勝地での開催となりました。参加者総数は35名でした。

<初日(9月8日)>
○講演会 「バス会社からみた地域振興」 
みちのくホールディングス代表取締役 松本 順 氏
「観光と地域振興」
岩手ホテルアンドリゾート 常務取締役 赤坂 勝 氏
「食文化を地域振興に役立てよう」
岩手大学 理事・副学長 菅原悦子 氏

<2日目(9月9日)>
○学会員等による研究事例発表   発表研究事例等   8報
○ワークショップ
 テーマ「八幡平市の観光を中心とする地域振興を考える」
 ファシリテータ 岩手大学 小野寺純治(地域活性学会理事 東北支部代表)

<3日目(9月10日)>
現地視察 八幡平市 松尾鉱山資料館  酒蔵「わしの尾」 道の駅にしね
(八幡平市は、かつて「雲上の楽園」とよばれた東洋一の硫黄鉱山であった松尾鉱山がある鉱山の町であった。しかし、昭和40年代には会社更生、鉱業権放棄に至る。昭和30年代に行われていた温泉掘削、スキー場開発を契機に観光産業の町へとシフト。安比高原スキー場などの観光産業への歩みが進められてきた。しかし、東日本大震災により観光客数が激減、現在においてもピーク時の水準には戻っていない。そこで様々な試みが行われている。)



-----過去のイベント-----
▼地域活性学会 東北支部総会 開催 (2014.9.30)
○地域活性学会 東北支部総会 開催 ※本イベントは終了しました
地域活性学会では、下記のとおり支部総会を開催します。皆様のご参加をお待ちしております。
また開催に合わせ、関連行事を予定しています。この機会にぜひご参加ください。
1.日 時 平成26年9月30日(火) 12:00〜12:15
(東日本リエゾンカンファレンス終了後)
2.会 場 山形大学工学部米沢街中サテライトキャンパス
(〒992-0039 山形県米沢市門東町3-1-47)
3.議 事 (1) 支部規程について
(2) 幹事の選任について
(3) 副支部長、会計責任者選任の承認について
(4) 事業計画及び予算について
4.連絡先 山形大学工学部米沢街中サテライトキャンパス 担当:小野晋太朗
E-mail: s.ono@yz.yamagata-u.ac.jp  FAX: 0238-40-0765

▲ページトップへ

【関東】

【役員】
関東支部長    岡本義行(法政大学教授)
関東副支部長  吉川智教(早稲田大学教授)
関東副支部長  山本尚史(拓殖大学教授)
事務局長     松本敦則(法政大学准教授)

【スケジュールなど】
・年2回の部会(研究会):2月および11月ぐらい
・第2回セミナーの予定:「ソーシャルキャピタル」

【設立総会、記念セミナー】
≫ 地域活性学会 関東支部設立総会兼セミナー

【イベント】

○地域活性学会 関東部会開催
地域活性学会関東支部の研究会のご案内です。
関東支部以外の方もご参加いただけます。ふるってご参加ください。
1.日時 2017年1月21日(土) 14:00〜17:00
2.会場 拓殖大学 文京キャンパス C館6階 607号室
(東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅下車 徒歩8分)
http://www.takushoku-u.ac.jp/summary/bunkyo-campus.html
3.タイトル 「経済レジリエンスのある都市を特定する」
(拓殖大学政経学部 山本尚史 教授)
4.討論
吉川智教 早稲大学教授
岡本義行 法政大学教授
4.お問い合せ 法政大学大学院政策創造研究科
岡本研究室

電話:03-5228-1640
メール:yokamoto@hosei.ac.jp

-----過去のイベント-----
▼地域活性学会 関東部会開催 (2014.9.6)
○地域活性学会 関東支部研究会 ※本イベントは終了しました
1.日時 2014年9月6日(土) 13:30〜16:30
2.場所 法政大学 市ヶ谷キャンパス ボアソナード・タワー25F
イノベーションマネジメント研究センターセミナー室
3.発表者 拓殖大学政経学部教授 山本 尚史氏(関東支部副会長)
「縮小都市の経済活性化に向けて」

法政大学地域研究センター客員研究員 山本祐子氏
「道の駅アンケートの結果報告:道の駅から生活の駅へ」

▼地域活性学会 関東部会開催 (2014.3.29)
○地域活性学会 関東部会開催 ※本イベントは終了しました
地域活性学会では、下記のとおり、関東部会を開催します。 皆様のご参加をお待ちしております。
1.日時 2014年3月29日(土) 13:30〜16:00
2.場所 法政大学 市ヶ谷キャンパス ボアソナード・タワー25F イノマネセミナー室
3.テーマ 「イノベーションの地域偏在性はなぜ?」
4.プログラム
問題提起(45分)  吉川智教(早稲田大学大学院教授)
コメント1(20分)  佐藤 充(法政大学大学院博士課程)
コメント2(20分)  清成忠男(法政大学学事顧問)
パネルディスカッション (60分)
      吉川智教 (早稲田大学大学院教授)
      佐藤 充 (法政大学大学院博士課程)
      清成忠男 (法政大学学事顧問)
      岡本義行 (法政大学大学院教授) コーディネーター

▲ページトップへ

【中部・北陸】
設立準備中です

▲ページトップへ

【近畿】

【イベント】

○2/26(金)地域活性学会第4回 関西支部研究会
        Act locally, Think globally . ―世界につながる地域活性―

「地球人類としての持続可能な社会づくり」が求められる現代、国連持続 可能な開発のための教育の10年(DESD)では「地域に根ざし、地方ニーズ を満たせば、国際レベルでもその影響が及ぶ」と述べている。日本でも、 例えば「葉っぱビジネス」によって一躍有名になった徳島県上勝町で今取 り組まれているゼロ・ウェイストの取り組みは、地球環境問題に関する住 民自身が取り組む身近な解決方法として世界的にも注目を集める可能性を 秘めている。今回の研究会は、グローバルな視点を取り入れて、改めて地 域活性事業について考える。
1.日時 2016年2月26日(金) 13:30-16:30
2.場所 関大うめきたラボラトリ」 グランフロント大阪
ナレッジキャピタルタワーC 9階
 http://www.kansai-u.ac.jp/renkei/sys_img/calendar_160.pdf
3.研究発表
趣旨説明
13:30-13:45 関 隆晴(大阪教育大学名誉教授)(15分)
報告1
13:45-14:45 「上勝町の現在と未来 -上勝への移住にあたって-」
(報告40分、質疑20分)
杉本勇二(クリエイティブオフィス Trees代表)
〔休憩〕(15分)
報告2
15:00-15:45 「天橋立わくわくキッズガイドの取り組み」
(報告30分、質疑15分)
宮津青年会議所有志
報告3
15:45-16:30 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭の事業スキーム」
(報告30分、質疑15分)
橋本行史(関西大学教授)
4.共催 関西大学教育研究高度化促進費地域研究グループ
5.その他 当日のスケジュール・内容は一部変更になる可能性があります。
6.参加自由 会員以外でも、関心のある方のご来場を歓迎いたします。
7.問合せ先 橋本行史(関西支部長)   E-mail:hasimotk@kansai-u.ac.jp

-----過去のイベント-----
▼第3回近畿支部研究会 (2014.10.4)
※本イベントは終了しました
1.日時 2014年10月4日(土) 10:00〜12:30
2.場所 大阪大学中之島センター
http://www.onc.osaka-u.ac.jp/others/map/index.php
(〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島4丁目3-53 TEL.06-6444-2100)
アクセス:
京阪中之島線中之島駅より徒歩5分、阪神本線福島駅より徒歩9分、
JR東西線新福島駅より徒歩9分、JR環状線福島駅より徒歩12分、
地下鉄四つ橋線肥後橋駅より徒歩10分、地下鉄御堂筋線淀屋橋駅より徒歩16分
3.研究発表
(1)地域振興政策における地域金融機関の役割
  鎌苅宏司(大阪学院大学 経済学部 教授)
発表45分、質疑15分
(2)地域活性における人材育成―子ども起業体験スクールを通して―
  關 隆晴(大阪教育大学 教職教育センター 教授)
発表45分、質疑15分
4.その他 研究発表終了後、次年度の近畿支部での全国大会開催の打ち合わせを行います。
5.参加費 無料
7.問合せ先 橋本行史(関西大学):hasimotk@kansai-u.ac.jp
藤田昌弘(大手前大学):m-fujita@otemae.ac.jp
▼第2回近畿支部大会(第3回関西研究会) (2014.3.29)
○「スイーツと元気な街」  共催 西宮商工会議所/協賛 大手前大学
※本イベントは終了しました
1.日時 2014年3月29日(土) 14:00〜16:00
2.場所 大手前大学 さくら夙川キャンパスCE棟
メディアライブラリーCELLフォーラム
〒662-8552 西宮市御茶家所町6-42 TEL 0798-34-6331
http://www.otemae.ac.jp/institution/education/cp_sakura.html
3.テーマ 「スイーツと元気な街」
4.プログラム
(1)開会挨拶 近畿支部代表 橋本行史
(2)講演(75分)
      テーマ:「スイーツへの熱い想い」
      ケーキハウス ツマガリ 製菓技術者 津曲 孝 氏
      http://www.tsumagari.co.jp/concept/
(3)スイーツプロジェクト「西宮洋菓子研究会」紹介(25分)
      西宮商工会議所 産業観光推進チームリーダー 主幹 
       大濱 剛 氏
(4)その他 次回の開催予定など
5.参加資格・参加費 地域活性学会会員、その他希望者  参加費無料
(参加申込:平成26年3月25日 迄)
6.その他 研究会終了後、交流会(参加者のティーパーティ)を予定しています。ご参加の場合は、準備の都合がございますので、参加申し込み時にお申し出ください(参加費500円程度)。

▼第1回関西研究会・近畿支部創立会 (2013.11.30)
○「地域活性化に向けた有馬温泉の取組み〜観光・文化・おもてなし〜」
※本イベントは終了しました
1.日時 2013年11月30日(土)15:00〜17:00
2.場所 グランフロント大阪 タワーC(北館)
「関西大学うめきたラボラトリ」
ナレッジキャピタル内9階 901号室
大阪府大阪市北区大深町3−1
URL:http://kc-i.jp/
3.スケジュール
(1)開会挨拶
(2)講演(90分)
   有馬温泉旅館共同組合 専務理事 
   株式会社 御所坊 代表取締役  金井啓修 氏
(3)質疑
(4)次回の開催予定 等
4.参加資格・参加費     地域活性学会会員、その他希望者、参加費無料
5.その他 研究会終了後、有志による懇親会(3千円程度)を予定しています。
※要事前申込

▲ページトップへ

【中国・四国】

【イベント】

○3/4(金)地域活性学会中国四国支部研究部会
このたび、地域活性学会中国四国支部研究部会を下記の通り開催致します。
今回は、当学会副会長でもある、国土交通省大臣官房の舘逸志審議官をお招きして講演をしていただくとともに、「地域おこし協力隊」の活動を広く知っていただくための事例発表を行います。
会員及び地域おこし協力隊の皆さんの相互の交流と事例研究の積み上げをしたいと思いますので、どうぞ奮ってご参加ください。
1.日時 2016年3月4日(金)14:00〜18:00
2.場所 広島経済大学立町キャンパス141教室
(広島市中区立町2-25IG石田学園ビル)
http://www.hue.ac.jp/life/facilities/tatemachi_campus.html
3.対象 会員、地域おこし協力隊、自治体関係者、その他関心のある方
4.講演会 演題「アベノミクスと地方創生
講師:舘 逸志氏
国土交通省大臣官房審議官(国土政策局担当) 地域活性学会副会長
5.スケジュール
  (一部調整中)
13:30 受付開始
14:00 開会挨拶
14:10〜16:10 地域おこし協力隊事例発表会(12事例、各10分)
〔休憩〕
16:30〜18:00 講演会
18:30〜20:00 懇親会(広島国際ホテル)
7. 懇親会について 会 場:広島国際ホテル1階「中華海鮮薬膳トンフォン」
     〒730-032 広島市中区立町3-13  電話(082)240-0558
会 費:5,000円(当日、受付でお支払いください)
8. 参加申込み
  お問い合わせ
メールまたはファックスにて、下記までお申し込みください。
Mail: ire-rc@hue.ac.jp
Fax : 082-871-9366
<お問い合わせ先>
Tel: 082-871-1664 (広島経済大学地域経済研究所) 藤谷・西川
MLホームページ: http://www.freeml.com/kassei_chushikoku

-----過去のイベント-----
▼中国四国支部 設立会合 (2014.10.5 )
地域活性学会 中国四国支部 設立会合 プログラム ※本イベントは終了しました

1.日時 2014年10月5日(日) 13:20〜17:40
2.場所 高知県立大学 永国寺キャンパス(高知県高知市永国寺町)
http://www.u-kochi.ac.jp/access/eikokuji.htm
3.次第
(1)支部会
 13:20〜13:50 ○役員選出、規約確認、意見交換
(2)設立会
14:00〜14:30

14:30〜15:30
○趣旨説明(支部代表)
○各地の活動報告(副支部長等)
○基調講演 「地域域活性化と人材育成」(大宮会長)
(3)研究発表会
 15:40〜17:20 ○研究発表
各課題20分(発表および質疑)×5課題
※設立会および研究発表会は、会員以外の参加も幅広く歓迎します。
※全体終了後、懇親会を開催する予定にしております。

 連絡先:
  地域活性学会 中国四国支部 事務局(高知工科大学内)
  E-mail: jardvchushikoku@gmail.com

▲ページトップへ

【九州・沖縄】
地域活性学会 九州・沖縄支部発足会 ※本イベントは終了しました

この度、地域活性学会では、各地域での学会活動を充実させるために支部を設立し、会員各位のご要望を踏まえながら、支部単位でも研究会やワークショップを開催することとしました。

 九州・沖縄地域においては、崇城大学の永松先生を支部長、沖縄大学の緒方先生、九州大学の谷川先生を副支部長、長崎大学の嶋野を事務局として、「九州・沖縄支部」が設立されることとなりましたので、以下の通り、「九州・沖縄支部」の発足会を開催いたします。

 年度末のご多忙な時期で恐縮でございますが、会員相互の交流を広げることを通じ、今後の地域活性化の一つの契機にいたしたく存じますので、奮ってご参加くださいますようお願い申し上げます。

九州・沖縄地区外の方も是非ご参加ください。

1.日時 ◆発足会
平成26年2月15日(土)15:00〜17:00

◆交流会
17:30〜19:00
会費制の交流会を開催いたします。
(場所・会費は追ってお知らせいたします。)
2.場所 九州大学 箱崎キャンパス 産学連携棟I 2Fシリコンバレールーム
http://www.qrec.kyushu-u.ac.jp/abouts/access
3.スケジュール
趣旨説明 永松俊雄 (崇城大学)
基調報告 谷川 徹 (九州大学)
緒方 修 (沖縄大学・NPO法人アジアクラブ理事長)
嶋野武志 (長崎大学)
活動報告 当日出席された会員の方に1人5分程度で活動状況のご報告をいただきたく存じます。

▲ページトップへ


地域活性学会 事務局
〒107-8411 東京都港区南青山3-13-16 事業構想大学院大学 事務局内
Email:chiiki@mpd.ac.jp

Copyright © 2008 The Japan Association of Regional Development and Vitalization. all rights reserved.